何事においても基本が大切です。

コーチングも同じです。

 

ただ、コーチングの基本スキルはとても簡単なものですので、知っておいて損はないでしょう。

 

基本スキル1

『認める』

目の前の人を「その人」として、「ありのままの状態」を受け止めます。

他の表現方法として、「見止める」「認知する」「承認する」があります。

 

信頼関係を築くためには、まずあなた自身が相手のことを認めることが必要です。

 

日本語の難しいところで、

「認める」とは、肯定的に受け入れることを連想してしまいますが、そうではありません。

好き嫌い関係なく、評価批判なく、ありのままの状態を受け止めることです。

(受け入れることでもありません)

 

基本スキル2

『聴く』

話している人に興味を持って、耳と目と心を使って、「何を伝えたいか」を掴むように聴きます。

ただ単に聞くのではないことはお分かりになるかと思います。

 

相手と同じベンチで肩を並べて座っている気持ちで聴きます。

笑顔で相槌や「それで?」などの話を促す言葉を挟んで話を促します。

そして、相手が話し終わるまで、あなたは特に話をする必要はありません。

 

基本スキル3

『質問する』

いい質問(問いかけ)はいい答えをつくります。

効果的な質問の方法として、「オープンクエッション」を意識します。

オープンクエッションとは、「はい」「いいえ」では答えられない質問です

例)×今日の練習はきつかったですか?
→「きつい」「きつくない」の答えしか引き出せません

〇今日の練習で一番大切にしていたことは何ですか?

→その日の練習でその人が大切にしていたことを教えてくれます。

はい、いいえでは答えられないので、自分で答えを考えるようになります。

 

これら、3つの基本スキルを意識して関わるだけで、「コーチング」を実践していると言っていいでしょう。

いつもはしないことで、始めはうまくいかないこともあるかと思いますが、相手の言葉や反応をしっかり認め、話を聴き、質問していくことで、あなたのコミュニケーションが変わってきます。

 

コーチングのことをもっと知りたい方はこちら。

きっと必要な学びがあるはずです。ぜひご参加ください!!

【2月28日開催】目標達成を応援する人のためのコーチング講座《書籍出版記念》

 

【執筆者紹介】

岩木 博久 (Hirohisa Iwaki)

管理栄養士、銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ・認定講師、 家庭科教員免許
健康のプラットフォーム オフィス センケン 代表、「WELLNESTAたかまつ」オーナー、香川スポーツ栄養研究会所属
自律神経の測定、パーソナルサポート、栄養講座、食育セミナー、講演、読書会・勉強会の主催
などの活動とともに、数社の企業との共同プロジェクトのリーダーとして参画をしている。

【「うどん県うんどう会」とは?】

中四国地域で活躍するスポーツトレーナーや医療従事者、アスリート、指導者を中心に情報を共有・発信する団体です。

トレーニング方法やトレーニングに向き合う考え方は日々進歩しています。

代表を務める赤山の、
それらの情報を「四国だから遅い」ではなく、
代表の地元である「うどん県」から発信していく、という思いを中心に集まった団体です。

 

■お問い合わせ
info@udonken-undoukai.com

■公式ホームページ
http://udonken-undoukai.com

■Facebook公式ページ
https://www.facebook.com/pg/udon.undou/

 

【オフィシャルスポンサー】

【その他協賛団体】