それあなたに合ってます?

巷であふれているいわゆる「身体にいいもの」。

たとえば、

これを食べたら便秘にいい。
この食材は認知症を予防する。。
この運動は膝痛を改善させる。。。

 

これって少し乱暴すぎて危険で注意しなければなりません。

 

確かに、ある側面で見るとある食材は便秘にいいのかもしれません。

多くの研究を重ねた結果出た理論であるでしょうから、間違いなく効果はあるのだと思います。

 

しかしもっとも重要なことが抜けています。

 

それは

「だれがその良いことをするのか」

です。

 

前提として、

どんな人がその食材を食べるのか。
どんな人がその運動をするのか。

ここがしっかりと評価できていなければ、いくら良いと言われることをしていても効果は出ないものです。

 

まずは、あなた自身がどのような身体なのか。

本当にその食材はあなたに合っているのか?

あるいは、その食べ方はあなたに合っているのか?

もっと言えば、その栄養は本当にあなたにとって必要なのか?

 

それをしっかりと把握しましょう。

「やってみたけど全然効果なかったわ。あれは効かない。」

そんなこと言っていませんか?

多くの場合、その方法がダメとかではなく、あなたに合ってない場合が多いのです。

 

良いことをやっても全然変わらない。

何をやっていいのかわからない。

 

そんな方は是非一度ご相談下さい。

あなたにぴったりと合う方法が必ず見つかるはずです。

 

 

追記

今回リブレボディでは、全ての慢性障害はZEROにすることができると言うリブレボディのメソッドを、リブレスクールZEROプロジェクトというセミナーの枠組みの中で全8回の構成で発信していきます。

次回はは3/24(日)13:00~18:00  「第二回 腰部周囲のスポーツ障害」のテーマで開催予定です。

ご興味のある方は、下記リンクを確認もしくは、リブレボディ高橋までお問い合わせください。

https://www.facebook.com/events/335986077129369/

 

【執筆者紹介】

高橋 応文
LibreBody チーフトレーナー

理学療法士
糖尿病療養指導士
JARTA認定スポーツトレーナー

【「うどん県うんどう会」とは?】

中四国地域で活躍するスポーツトレーナーや医療従事者、アスリート、指導者を中心に情報を共有・発信する団体です。

トレーニング方法やトレーニングに向き合う考え方は日々進歩しています。

代表を務める赤山の、
それらの情報を「四国だから遅い」ではなく、
代表の地元である「うどん県」から発信していく、という思いを中心に集まった団体です。

 

【オフィシャルスポンサー】

【その他協賛団体】