「コーチング」とは何か。

 

コーチングとは、『自発的に行動するための問いかけ中心のコミュニケーション』です。

 

コーチング(Coaching)の語源はというと、

もともとハンガリーの小さな町「コチ」が由来です。

その街で世界で初めてサスペンション付き4輪馬車が製造され、乗り心地と品質の高さから評判になりました。その評判もあって「コチ」ということで「馬車」を意味するようになりました。

この「コチ」が英語に変わり、「Coach」となりました。

馬車がヒトやモノを目的地に運ぶことから、次第に「コーチ」という言葉自体が「大事な人を運ぶ」「目的に運ぶ」という意味を持つようになります。

 

そして、「目的地に運ぶ」ということから19世紀頃から大学受験のために雇った家庭教師のことを「コーチ」と呼ぶようになったのです。

 

つまり、コーチ=目的地に連れていく ということです。

 

よく、Teachと比較されますが、Teachの語源は「指し示す」「教える」という意味が語源です。

「わからないことや新しいことについて見本を見せて教える」という意味合いが含まれていますね。

 

コーチングとティーチングには優劣はありません。

時と場合による使い分けができるといいですね。

 

Coaching=問いかけて気づかせる(問題発見)

Teaching=教えて学ばせる(問題解決)

 

というように理解しておくといいのではないでしょうか。

 

・まず何がしたいか、どうなりたいか、を問いかけ(Coachして)

・その答えで教える必要があることについて教える(Teachする)

 

このようなコミュニケーションをとることが、あなたの「コーチング」の始まりです。

 

 

【執筆者紹介】

岩木 博久 (Hirohisa Iwaki)

 

管理栄養士、銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ・認定講師、 家庭科教員免許
健康のプラットフォーム オフィス センケン 代表、「WELLNESTAたかまつ」オーナー、香川スポーツ栄養研究会所属
自律神経の測定、パーソナルサポート、栄養講座、食育セミナー、講演、読書会・勉強会の主催
などの活動とともに、数社の企業との共同プロジェクトのリーダーとして参画をしている。

追記

コーチングのことをより知りたい方はこちらもチェックしてみてください!↓↓

【2月28日開催】目標達成を応援する人のためのコーチング講座《書籍出版記念》

 

【「うどん県うんどう会」とは?】

中四国地域で活躍するスポーツトレーナーや医療従事者、アスリート、指導者を中心に情報を共有・発信する団体です。

トレーニング方法やトレーニングに向き合う考え方は日々進歩しています。

代表を務める赤山の、
それらの情報を「四国だから遅い」ではなく、
代表の地元である「うどん県」から発信していく、という思いを中心に集まった団体です。

 

■お問い合わせ
info@udonken-undoukai.com

■公式ホームページ
http://udonken-undoukai.com

■Facebook公式ページ
https://www.facebook.com/pg/udon.undou/

【オフィシャルスポンサー】

【その他協賛団体】